家の建て替え中の仮住まいはどうする?費用相場や期間、探し方のコツを解説

公開日:2023/11/15
疑問

家を建て替えるときに、何が気になりますか。初めてのことだと、いろいろ心配するところはあるかと思いますが、どこに住もうかというのも心配ごとのひとつではないでしょうか。今回は、そんな仮住まいについて、費用相場や探し方のコツなどを見ていきます。建て替えを検討中の方は、参考にしてみてください。

建て替えしたら仮住まいの期間はどれくらいの長さになる?

建て替えをしたいと思ったとき、費用ももちろん、心配ごとのひとつですが、建て替えをしている間の、住まいも心配ではないでしょうか。では、実際、建て替えをするときに、どのくらいの期間、仮住まいが必要なのでしょうか。

建て替えに必要な期間は、新築する住宅の内容によっても異なりますが、短い場合で、3か月や4か月、長い場合だと、1年ほどかかってしまいます。思ったより長いと感じた人も多いのではないしょうか。

なので、仮住まいといっても、もしかしたら1年ほど住むかもしれないということを踏まえ、快適に過ごせる住宅を探しましょう。建て替えは、居住者が仮住まいに引っ越してから、旧居の取り壊しが始まります。

旧居の解体業に加え、地盤調査や地盤改良もする場合もあるので、その期間だけでも、1か月ほどみておくとよいでしょう。解体も終わり、地盤調査、地盤改良も終わったら、新築工事が始まります。

新築工事は、メーカーによっても工期が異なるので、3~10か月ほどかかると考えておきましょう。そして、建物が完成すると、引き渡しになります。引き渡し後は、いよいよ新居への引っ越しです。このような流れで、旧居から新居に移るので、目安にしておきましょう。

仮住まいはどこにする?仮住まい先の種類とは

では、次に、仮住まいをどこにしようかという問題です。仮住まいは、しばらく住むことになるので、ライフスタイルに合わせて選ぶ必要があります。

仕事をしている人は、通勤面も考えた仮住まいを選ぶ必要がありますし、ペットを飼っている人は、ペットが飼育可能な仮住まいを探す必要があります。仮住まいの候補としては、大きく分けて3つの場所があります。1つ目は、賃貸物件を借りる方法です。

賃貸物件であれば、住むエリアや広さなど、さまざまな条件から、物件を探すことができます。ですが、初期費用が多く必要になる可能性があるので、コスト面をしっかりと確認する必要があります。

また、賃貸物件の契約期間も注意が必要です。物件によっては、1年未満だと借りられない場合もあります。1年未満でも借りられる物件を探しましょう。次に、実家に帰るという方法です。実家であれば、コスト面の心配は少なくなります。ですが、実家には、実家の生活があります。

両親としっかりと話し合いをし、慎重に検討しましょう。また、ほかの方法としては、マンスリーマンションを借りる方法です。マンスリーマンションであれば、短期で借りられ、家具家電もついているので、すぐに生活を始めることができます。

近場にマンスリーマンションがある場合は、検討してみましょう。また、このほかの案としては、友人や知人宅に住まわせてもらうという方法もあります。ですが、これは、友人や知人の負担も大きくなってしまうので、よっぽど親しい関係でなければ実現は難しくなっています。

仮住まいが決まると、次は費用が心配になってきます。費用でまず気になるのが、引っ越しにかかる費用です。引っ越し業者に依頼すると、依頼内容や、距離によっても変わりますが、旧居から退去するときと新居への入居で、2回引っ越しが必要になります。

20万円ほどは必要になると考えておくとよいでしょう。そして、一般的な賃貸物件を借りる場合には、初期費用で90万円ほど、月々が10~15万円かかってきます。もちろん、部屋の大きさや地域によって異なるので、一概にはいえませんが、合計で100万円以上はかかってくる想定になります。

一方、マンスリーマンションの場合は、初期費用が安いので、初期費用で3万円ほど、家賃が23万円ほどとなっています。比較すると、かなり大きな差になるので、仮住まいも計画的に、探す必要があります。

仮住まい探しのコツも解説!

仮住まいを探すときのコツとしては、まず、条件を明確にしましょう。実家に頼れる方は、今後の生活も考え、実家に頼ると費用も安く済みます。ペットがいる方は、ペットの預け先やペット可の物件を探すことが必要になります。

また、予算も決めておくと、仮住まいを探すときの参考になります。引っ越し費用は、最低限必要になってきますが、自分で荷物を運ぶことで費用を減らすことや、トランクルームを活用し、荷物を減らすなど工夫すると費用を抑えて引っ越しができます。

また、建て替えを機に、古い家具を処分して、荷物を減らす方法もあります。仮住まいが見つかったら、引っ越しについても検討していきましょう。

まとめ

建て替えをするときには、仮住まいが必ず必要になってきます。建て替えにお金をつかっている分、できたら安く済ませたいというのが本音かもしれません。引っ越し費用、月々の費用、初期費用を考え、一番よい条件の物件を探しましょう。

ときには、トランクルームの活用や、ペットを実家に預けるなど、妥協は必要かもしれませんが、3か月~1年の間、快適に生活ができる環境を探しましょう。見つからないときは、プロに相談しながら探すとよいでしょう。

迷ったら
ココ!
調布市のおすすめ注文住宅メーカー

にいむの杜(NIIM no MORI)

にいむの杜(NIIM no MORI)PR

優れた建築家と相談しながら家づくりが可能

60年の長期保証がある

ライフプランの勉強会を実施

にいむの杜(NIIM no MORI)は建築家・工務店がひとつのチームになって、一生暮らしたくなる家づくりを実現してくれます。にいむの杜の住宅は空気環境や断熱に特化した長期優良住宅です。また、住宅に特化した(住宅専門の)ライフプラン勉強会を実施。保証・アフターフォローとして60年長期保証もあり、安心できます。

調布市の注文住宅会社おすすめランキングTOP5!口コミで評判の住宅会社を徹底比較

にいむの杜(NIIM no MORI)
一条工務店の画像
一条工務店
小野寺工務店の画像
小野寺工務店
リガード(REGARD)の画像
リガード(REGARD)
五十嵐惣一工務店の画像
五十嵐惣一工務店

調布市でおすすめの注文住宅会社比較表

イメージ1
2
3
4
5
サービス名にいむの杜(NIIM no MORI)一条工務店小野寺工務店リガード(REGARD)五十嵐惣一工務店
特徴自分・建築家・工務店の3者で楽しみながら家づくりを進められる業界トップクラスの性能を誇る建築家と協働している性能とデザインが両立されている通気性と断熱性が高い住まいを提供できる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら